【肉道大百科】イギリス・ウェールズで育つ
「ウェルシュラム」特集

  • 牧羊に最適な環境が生む、英国王室御用達の最高級ラム
  • 赤身肉のシャンパンと称されるラム
  • ウェールズの広大な牧場が育む味
  • ウェルシュラム・フレンチラックの画像
  • ウェルシュラムを使ったチャックロールの料理画像
  • 牧羊に最適な環境が生む、英国王室御用達の最高級ラム
  • 赤身肉のシャンパンと称されるラム
  • ウェールズの広大な牧場が育む味
  • ウェルシュラム・フレンチラックの画像
  • ウェルシュラムを使ったチャックロールの料理画像
王室御用達!
「肉道」限定販売の最高級ラム肉

「赤身肉のシャンパン」と呼ばれ、クリアで上品な風味で王室の晩餐会でもふるまわれる最高級のウェールズ産ラム肉。
4000年の伝統を持ち、PGI認定取得済みで完全なトレーサビリティを実現しているこのラムを、
今、Webで購入できるのは「肉道」だけ!

英国王室御用達 最高峰のウェルシュラム英国王室御用達 最高峰のウェルシュラム

「ウェルシュラム」は普通のラムとここが違う!

「ウェルシュラム」と、普通のラムの違いは以下の通りです。

普通の「ラム」

  • 肉の味だけでは食べづらく、タレにつけることが多い
  • 特有の乳臭さがでやすい
  • 狭い小屋に押し込められて育つ

ウェルシュラム

  • 乳臭さをほとんど感じない
  • 肉自体にクリアなうま味があり「赤身肉のシャンパン」と呼ばれる
  • ウェールズの広大な牧場での放し飼いが生む最高の肉質
牧羊に最適な環境が生む、
英国王室御用達の最高級ラム!

「ウェルシュラム肉」のおいしさの特徴

シャンパンに例えられる
クリアなうま味

1.シャンパンに例えられるクリアなうま味のイメージ画像

ウェルシュラムはイギリス王室の晩餐会で使用されるほど質の高いラム肉です。
雑味が一切なく羊肉のうま味だけをクリアに感じる事ができるその特性は「赤身肉のシャンパン」と称され、ヨーロッパ内だけでなく広く愛されています。赤身肉の持つうま味の最高峰をぜひ体感してみてください!

乳臭くなく食べやすい

2.乳臭くなく食べやすいのイメージ画像

ヨーロッパのヒツジ肉は乳臭い特有の臭みがある種が多いです。
一方、ウェルシュラムは乳臭さが穏やかでほとんど感じません。だから、臭み消しのためのタレで濃く味付けする必要はなく、純粋でクリアな「ラムのうま味」をそのまま楽しめます!

きめ細やかで、メリハリのある肉質

3.きめ細やかで、メリハリのある肉質のイメージ画像@Crown copyright/英国ウェールズ政府提供

きめ細やかで引き締まった肉質で、嚙むと押し戻される力強い弾力があります。
しかし歯切れはよく、弾力の中にやわらかさも感じられるメリハリはこのラムならでは。また、部位によって食感に変化があるので、その違いをお楽しみください!

「ウェルシュラム肉」のおいしさの理由・こだわり

羊が自由にのびのび暮らせる
広い牧場

羊が自由にのびのび暮らせる広い牧場@Crown copyright/英国ウェールズ政府提供

垣根の少ない広大な牧場の中、ウェルシュラムは放し飼いされています。
動きが制限されないためストレスがたまりにくく、エサを求めて動き回るため引き締まった上質なお肉になります。

栄養をたっぷり含んだ牧草を
食べている

ウェルシュラムが栄養をたっぷり含んだ牧草を食べている様子

ウェールズは穏やかな丘陵地帯で自然豊かな環境です。降雨量が多く、1年を通して牧草が自生しています。
この豊かに育った栄養満点な牧草がウェルシュラムが高品質である最大の理由。最高のエサを食べているから、最高品質のうま味が肉に出るのです!

4000年の伝統と最高水準の安全性

@Crown copyright/英国ウェールズ政府提供

ウェルシュラムはフランスのシャンパン等と同様にPGI認定を受けた世界的に認められた特産品であり、約4000年前から育てられています。
その間交配を繰り返し、おいしい羊肉を作るための技術を磨きこんできました。その蓄積が唯一無二の風味を実現しています。
また、生産工程の完全トレーサビリティを実現する等、世界最高水準の高い安全性を誇っています

日本の羊肉界の第一人者に一問一答!こだわりを聞いてみた

日本で一番羊肉を愛する男・菊池一弘さんに聞きました!

日本で一番羊肉を愛する男・菊池一弘さんの画像

羊肉を広める日本で唯一の団体「羊齧協会」を運営。羊肉を愛し、おいしいラム肉のお店を集めたフェスを毎年主催しています。

「ウェルシュラム」はどうして日本では食べられていないのですか?

日本での食肉といえば豚肉・牛肉・鶏肉が中心で、羊肉を日常的に食べる人は少数です。
また、日本で流通している羊肉のほとんどがオーストラリア産で、ウェルシュラムの知名度は低いです。

そのため、日本では一定の購入量が見込めないことから貿易商社はウェルシュラムの輸入をしておらず、日本で食べられる機会は滅多にありません。

しかし、ウェルシュラムはイギリス王室でも食べられているほど上質なラム肉です。
なかなか出回ることのないこのお肉を是非食べてみてください。

「赤身肉のシャンパン」と呼ばれる理由は何ですか?

ウェルシュラムのきめ細かい肉質と味わいの深さから、まるでシャンパンのように上質だということで「赤身肉のシャンパン」と呼ばれています。

シャンパンとウェルシュラムの共通点としては、「特定の地方に伝わる伝統製法によって作られている」点が挙げられます。
シャンパンは、フランスのシャンパーニュ地方に伝わる伝統製法によって醸造されたお酒です。
ウェルシュラムも同様に、ウェールズの地で4000年前から培われてきた伝統技術によって畜産されています。

また、「味わいがクリア」な点も共通しています。
シャンパンは比較的クセが少なく、クリアな味わいです。
ウェルシュラムもラム肉にありがちな臭みや雑味が少なく、肉のうま味だけがクリアに伝わってきます。

英国王室御用達 最高峰のウェルシュラム英国王室御用達 最高峰のウェルシュラム

菊池さんが教える「ウェルシュラム肉」の一番おいしい食べ方

羊肉を愛しているからこそ、一番おいしい食べ方を知っている!
「ステーキ」「ロースト」「カウル(シチュー)」でのお召し上がり方をご紹介します。

  • ステーキ厚切りで、羊の赤身を堪能する
  • ロースト基本的、伝統的な調理法
  • カウルウェールズ伝統のお母さんの味

「ステーキ」

ウェルシュラム肉で作ったステーキの画像
材料(2人前)
・レッグステーキ(300g)…1枚
・塩コショウ…少々
・油…適量
作り方(弱火でじっくり焼く)
1:厚切りのまま、塩コショウを軽く振る
2:焼きすぎない事が赤身を楽しむコツ。2~3分程度でさっと焼き、表面に焼き色を付ける。
3:アルミホイルで包み、5分程度休ませる。

「ロースト」

ウェルシュラム肉で作ったローストの画像@Crown copyright/英国ウェールズ政府提供
材料(2人前)
・ランプ…300g
・塩…適量
・コショウ…お好みで
・オリーブオイル…大さじ2
・ニンニク…2片
・ローズマリー…1本
作り方(弱火でじっくり焼く)
1:肉の下ごしらえをする。塩とコショウをすり込み、オリーブオイルをまぶす。ニンニクとローズマリーをのせ、冷蔵庫で3時間ほど寝かせる。
2:冷蔵庫から取り出し、1時間ほど置いて常温に戻す。
3:ニンニクとローズマリーをのせて、180℃のオーブンで30分ほど焼く。この時、脂身を上にする。
4:二重にしたアルミホイルで包み、30分ほど休ませたら完成。

「カウル」

ウェルシュラム肉で作ったカウルの画像
材料(2人前)
・肩ロース…150g
・ポロネギ(長ネギ)…1本
・玉ねぎ…1個
・にんじん…1本
・じゃがいも…2個
・パセリ…適量
・油…適量
・塩コショウ…適量
作り方(弱火でじっくり焼く)
1:肉を一口大に切り、焼き色がつくまで炒める。
2:玉ねぎ・にんじん・ポロネギ・じゃがいもを食べやすい大きさに切り、1に加えて炒める。
3:2の具材がひたひたになるくらい水を入れる。火にかけて煮立ったら蓋をし、弱火で1時間半ほど煮る。
4:塩コショウで味付けをする。
5:食べる直前にパセリのみじんぎりを散らして完成。

ウェールズの「ラム肉」を食べた運営スタッフの声

上質な赤身と
芳しいラム肉の香り
部位レッグ
食べ方ステーキ

ラム肉ステーキの物珍しさに惹かれて食べてみました!
見た目も食感も牛肉の赤身に似てよく引き締まっていて、食べた後鼻に香りがすっと抜けていく感覚が面白く、クセになりました。(30代・女性)

ラム肉とは思えない
驚きのやわらかさ
部位レッグ
食べ方BBQ、焼肉

おうち焼肉で普段と違うお肉を食べたいという話が上がり、ラム肉を選びました。
分厚くカットされていましたが驚くほどやわらかく、プチっと噛み切れる食感も楽しい!
懸念していた臭みは一切感じず、タレなしで美味しく食べられました!(30代・男性)

弾力のあるむちむち食感と
溢れ出るうま味
部位ランプ
食べ方グリル

ラムランプ肉を豪勢にまるごとグリルにしてみたら、むっちむちで弾力が強く、嚙み応えをかなり感じました。
肉汁はお皿にひたひたになるほど溢れてきて、まわりに添えた野菜にまでラム肉のうま味が浸透していました。(40代・女性)

上質な赤身と
芳しいラム肉の香り
部位レッグ
食べ方ステーキ

ラム肉ステーキの物珍しさに惹かれて食べてみました!
見た目も食感も牛肉の赤身に似てよく引き締まっていて、食べた後鼻に香りがすっと抜けていく感覚が面白く、クセになりました。(30代・女性)

ラム肉とは思えない
驚きのやわらかさ
部位レッグ
食べ方BBQ、焼肉

おうち焼肉で普段と違うお肉を食べたいという話が上がり、ラム肉を選びました。
分厚くカットされていましたが驚くほどやわらかく、プチっと噛み切れる食感も楽しい!
懸念していた臭みは一切感じず、タレなしで美味しく食べられました!(30代・男性)

弾力のあるむちむち食感と
溢れ出るうま味
部位ランプ
食べ方グリル

ラムランプ肉を豪勢にまるごとグリルにしてみたら、むっちむちで弾力が強く、嚙み応えをかなり感じました。
肉汁はお皿にひたひたになるほど溢れてきて、まわりに添えた野菜にまでラム肉のうま味が浸透していました。(40代・女性)

ウェールズの「ラム肉」の
おすすめ商品

  • 通常価格
    5,800円(税込・送料別)
    販売価格
    5,800円(税込・送料別)
    通常価格
    単価
    あたり 
    【完売御礼】売り切れました
  • 通常価格
    8,200円(税込・送料別)
    販売価格
    8,200円(税込・送料別)
    通常価格
    単価
    あたり 
    【完売御礼】売り切れました
  • 通常価格
    12,800円(税込・送料別)
    販売価格
    12,800円(税込・送料別)
    通常価格
    単価
    あたり 
    【完売御礼】売り切れました
  • 通常価格
    19,800円(税込・送料別)
    販売価格
    19,800円(税込・送料別)
    通常価格
    単価
    あたり 
    【完売御礼】売り切れました
ウェルシュラム肉商品一覧を見る
「ラム・羊肉」商品一覧を見る
購入に
進む
カート
0