【肉道大百科】おすすめのBBQ向け「イノブタ肉」&レシピ

#

BBQ向けに「イノブタ肉」のおすすめの部位と、レシピや役に立つ豆知識をご紹介します!

イノブタ肉をBBQで楽しむには

イノブタ肉は豚肉よりも肉質がきめ細かいので、焼くとホロホロとしていてやわらかく、適度についた脂身からジュワっとあふれ出す甘みがクセになるお肉です。
豚肉と同じ調理方法で食べられるので調理も簡単。マンネリになりがちなBBQ食材で冒険したいときに、イノブタ肉を選ぶと失敗なしです!

【販売中】イノブタを楽しむには、
ロースとバラがおすすめ!

BBQでイノブタ肉を楽しめる、おすすめの部位

イノブタ肉の中でも特にBBQで楽しむのにぴったりなロース肉とバラ肉を紹介します。

イノブタ肉の部位説明画像_PCイノブタ肉の部位説明画像_SP

【おすすめの部位1】
イノブタ肉のロース肉は、
柔らかさがすごい!

イノブタのロース肉は、豚肉に比べて脂があっさりしていて、ほろほろした食感が特徴です。特に柔らかさは想像の斜め上をいきます。

焼いても固くなりにくいロースの塊肉をBBQの炭火でじっくり火を通せば、ほろほろ崩れるような口当たりのあっさりしつこくない味わいを、いくらでも堪能できます!

【おすすめの部位2】
イノブタ肉のバラ肉は、
クドくない脂がおいしい!

豚バラ肉はBBQ食材の大定番ですが、いつものBBQに変化をくわえたいとき、豚肉の代わりにイノブタのバラ肉を使うのがおすすめです。

イノブタのバラ肉は、一般的な豚肉とは一線を画す野性の風味を保ちつつ、クセが少なく豚肉よりクドさを感じません。ジューシーな脂なので、タレに漬け込んで生姜焼きにしても美味しいお肉です。

【レシピ紹介】BBQ向けイノブタ肉の美味しい食べ方

ここでは、イノブタ肉を使ったBBQ向けの料理2品のレシピに合わせて、初心者でも簡単においしく作れる「おいしく仕上げるコツ」を紹介します。

イノブタ肉はコツをつかめば誰でもおいしく作れますが、火の入れ方で味が大きく変わるのでしっかり手を抜かず調理しましょう。

【ロース】炭火焼きのレシピ&おいしく仕上げるコツ

ロースの塊肉はじっくりと時間をかけて焼くと、赤身のうま味と脂身の甘みがぎゅっと肉の中に閉じ込められ、塩だけのシンプルな味付けでも大満足な逸品に仕上がります。

材料 イノブタ肉の塊肉(ロース)、塩
焼き時間 2時間※600gブロックの場合
【手順1】下準備
【手順1】下準備の画像

冷凍肉ならBBQ前日から冷蔵庫で解凍し始め、焼く30分程前にクーラーボックスなどから出し、常温に戻す

【手順1】下準備の画像
おいしく仕上げるコツは焼く直前にゆっくりと常温に戻すこと

塊肉を冷たい状態で火にかけると、肉の内部に熱が通るより前に表面に火が入りすぎて、表面はパサパサなのに内側は生焼けになってしまうので、焼く30分程前から常温に戻しておきます。

【手順2】弱火でじっくりと、温めるように焼く
【手順2】弱火でじっくりと、温めるように焼く工程の画像

バーベキューコンロの片側に炭を寄せ、炭火が直接当たらない「弱火エリア」で加熱する

【手順2】弱火でじっくりと、温めるように焼く工程の画像
おいしく仕上げるコツは「弱火で表面を焼き固める」こと

1時間30分以上、ときどき焼き面を変えながら、じっくり時間をかけて温めます(600gの塊肉の場合)。

焼いている間、かなりの量の脂がポタポタと落ちるので、網の下にアルミホイル皿を敷き、溜まった脂をスプーンで肉の表面に回しかけながら焼きます。こうすることで、表面の乾燥が抑えられ、より旨味が濃いジューシーな仕上がりになります。

【手順3】強火で表面を炙る
#

中まで火が通ったら、豪快に直火(または強火)で炙り、仕上げます。

#
おいしく仕上げるコツは「強火で表面を炙り、カリッと香ばしくする」こと

両面を30秒ずつ炙るのが目安です。イノシシは脂身が多く火力が強くなりすぎることがあるため、強火の網の上で2~3個乗せておくと火が大きくなるのを防げます。

【手順4】お肉を放置して肉汁を内部になじませる
お肉を放置する画像

お肉の表面がカリッと焼きあがったら、火からおろします。

お肉を放置する画像
おいしく仕上げるコツは「アルミホイルで包む」こと

アルミホイルで包み、15分~30分放置することで、肉汁が内部になじみ、ジューシーさが増します。

【バラ】生姜焼きのレシピ&おいしく仕上げるコツ

バラスライス肉を生姜焼き用のタレにつけて焼くと、バラ肉の香ばしい香りと生姜の爽やかな香りが食欲をそそります。脂のクドさがなく何枚でも飽きずに食べられる生姜焼きの完成です。

材料 イノブタ肉のスライス(バラ)、生姜焼き用漬けダレ
焼き時間 4~5分
【手順1】両面をさっと焼く
#

生姜焼きのタレをつけ、火が通るまでしっかり焼きます。

#
おいしく仕上げるコツは「弱火で片面ずつしっかり焼く」こと

生姜焼き用の漬けダレを皿に入れ、スライス肉を1枚ずつはがしタレを万遍なくつけます。
弱火で片面2分程度焼き、色が変わったら裏返して2分程度焼きます。焼き色がつけば完成です。
スライス肉の場合お肉が網にくっつきやすいので、十分に網が温まってからお肉を乗せましょう。

イノブタについての豆知識

イノブタ肉をもっとおいしく食べるために、知っておくとためになる豆知識をご紹介します。

イノブタ肉と豚肉、イノシシ肉の違い

イノブタ肉は、豚肉よりもきめの細かい肉質で、イノシシ肉独得のクセもなく、風味とコクを感じられます。脂身も柔らかく、甘みが感じられます。

また、イノブタ肉は「焼く」調理に適しており、厚みのあるイノブタ肉などは、炭火でじっくりと肉汁と旨味を閉じ込めながら焼くとおいしく食べられます。

イノブタ肉を食べるときの注意点

家畜のイノブタ肉であっても、「野生動物が持つ病原菌を持っていない」というだけで、生で食べればサルモネラ属菌やカンピロバクター等の食中毒になる可能性があります。
お肉の中まで十分に火を通して食べるようにしましょう。 (出典:厚生労働省HP

こんなにある!イノブタ肉を食べるメリット

イノブタ肉には美肌や疲労回復に良いとされるビタミンB1、B2が豊富に含まれています。また、貧血予防に良いとされる鉄分も豊富で、豚肉の約1.3倍!

栄養豊富でありながら、豚肉よりも高タンパク質かつ脂質は半分程度。食べると身体もあたたまるため、スタミナ料理にも最適です。

イノブタの発祥は和歌山県!

イノブタはイノシシと豚の交配種であり、その発祥は昭和40年、和歌山県すさみ町にある和歌山県畜産試験場にて雄のイノシシと雌の豚の交配により誕生したのが、日本のイノブタの発祥とされています。

「ハイブリッド」の語源はイノブタ!?

「ハイブリッド」の語源である「ヒュブリダ hybrida」(ラテン語)の意味は「豚とイノシシから生まれた子孫」であり、「イノブタ」から転じて、交雑種・雑種などを指す言葉として広まったと言われています。

購入に
進む
カート
0