【肉道大百科】おすすめのBBQ向け「イノシシ肉」&レシピ

「【肉道大百科】おすすめのBBQ向け「イノシシ肉」&レシピ」の見出し画像

BBQ向けに「イノシシ肉」のおすすめの部位と、レシピや役に立つ豆知識をご紹介します!

イノシシ肉をBBQで楽しむには

イノシシ肉は、豚肉に近い食感や味なのかと思いきや、赤身は驚くほどモッチモチ。
脂身はさらに驚きで、焼くと表面はサクサク、内側はフワッと甘みが広がります。
ほかのどんなお肉にも例えられない食感と味で、まさに未知のうまさです。

【販売中】イノシシを楽しむには、
肩ロースとロースがおすすめ!

BBQでイノシシ肉を楽しめる、おすすめの部位

イノシシ肉の中でも特にBBQで楽しむのにぴったりな肩ロース肉とロース肉を紹介します。

イノシシ解体図イノシシ解体図

【おすすめの部位1】
イノシシ肉の肩ロース肉は、
肉と脂のうま味が強い!

イノシシの肩ロース肉は赤身と脂身のバランスが良く、BBQで塊のまま丸焼きにすれば、赤身のモチモチ食感と、脂身の表面はサクサク、内側はフワッとジューシーな食感が同時に味わえます!

また肩ロース肉はクセが少なく、うまみが強いお肉です。特に脂身にもうま味が詰まっていてそのおいしさは未体験ゾーン級。脂っこいものが好きな人には至極の体験をもたらします。

【おすすめの部位2】
イノシシ肉のロース肉は、
手軽にジビエBBQができる!

牛肉や豚肉、鶏肉に頼りがちないつものBBQに飽きたという人に、ぜひチャレンジしてみてもらいたいのがジビエを使用したBBQです。

イノシシのロース肉は、あっさりしていてクセも少ないので食べやすく、ジビエBBQに初めて挑戦する人でも取り入れやすいお肉です。スライスしたロース肉をさっと焼いて焼肉感覚で楽しむのもおすすめです。

【レシピ紹介】BBQ向けイノシシ肉の美味しい食べ方

ここでは、イノシシ肉を使ったBBQ向けの料理2品のレシピに合わせて、初心者でも簡単においしく作れる「おいしく仕上げるコツ」を紹介します。

イノシシ肉はコツをつかめば誰でもおいしく作れますが、火の入れ方で味が大きく変わるのでしっかり手を抜かず調理しましょう。

【肩ロース】炭火焼きのレシピ&おいしく仕上げるコツ

イノシシ肉本来の味を堪能するなら、上質な赤身と脂身を楽しめる肩ロースをシンプルに焼いて食べるのが絶対におすすめ。豪快な見た目も、BBQのメインディッシュにぴったりです。

材料 イノシシ肉の塊肉(肩ロース)、塩
焼き時間 2時間※700gの塊肉の場合
【手順1】下準備
【手順1】下準備の画像

冷凍肉ならBBQ前日から冷蔵庫で解凍し始め、焼く30分程前にクーラーボックスなどから出し、常温に戻す

【手順1】下準備の画像
おいしく仕上げるコツは焼く直前にゆっくりと常温に戻すこと

塊肉を冷たい状態で火にかけると、肉の内部に熱が通るより前に表面に火が入りすぎて、表面はパサパサなのに内側は生焼けになってしまうので、焼く30分程前から常温に戻しておきます。

【手順2】弱火でじっくりと、温めるように焼く
#

バーベキューコンロの片側に炭を寄せ、炭火が直接当たらない「弱火エリア」で加熱する

#
おいしく仕上げるコツは「弱火で表面を焼き固める」こと

1時間30分以上、ときどき焼き面を変えながら、じっくり時間をかけて温めます(700gの塊肉の場合)。

焼いている間、かなりの量の脂がポタポタと落ちるので、網の下にアルミホイル皿を敷き、溜まった脂をスプーンで肉の表面に回しかけながら焼きます。こうすることで、表面の乾燥が抑えられ、より旨味が濃いジューシーな仕上がりになります。

【手順3】強火で表面を炙る
#

中まで火が通ったら、豪快に直火(または強火)で炙り、仕上げます。

#
おいしく仕上げるコツは「強火で表面を炙り、カリッと香ばしくする」こと

両面を30秒ずつ炙るのが目安です。イノシシは脂身が多く火力が強くなりすぎることがあるため、強火の網の上で2~3個乗せておくと火が大きくなるのを防げます。

【手順4】お肉を放置して肉汁を内部になじませる
お肉を放置する画像

お肉の表面がカリッと焼きあがったら、火からおろします。

#
おいしく仕上げるコツは「アルミホイルで包む」こと

アルミホイルで包み、15分~30分放置することで、肉汁が内部になじみ、ジューシーさが増します。

【ロース】イノシシ焼き肉のレシピ&おいしく仕上げるコツ

脂肪と赤身肉のバランスが取れたロース肉は、肉質が柔らかく、脂肪の旨みが濃いのが特徴です。

スライス肉を両面さっと焼いて、味付けはシンプルに塩だけで食べるのがおすすめ。イノシシ肉の濃厚な旨味を堪能できます。

材料 イノシシ肉のスライス(ロース)、塩
焼き時間 2~3分
【手順1】両面をさっと焼く
#

片面1分程度焼き、色が変わったら裏返して1分程度焼きます。

#
おいしく仕上げるコツは「中火で片面ずつさっと焼く」こと

強火だと脂が燃えて焦げやすく、お肉が硬くなってしまうため、焼きすぎないようにします。

イノシシについての豆知識

イノシシ肉をもっとおいしく食べるために、知っておくとためになる豆知識をご紹介します。

イノシシ肉と豚肉の違い

イノシシ肉は、豚肉に比べ濃厚な肉の旨味と、脂身のさっぱりとした自然な甘みが特徴です。
BBQの炭火で焼くと、適度に脂が落ちてさらにおいしく、あっさりとイノシシ肉を楽しめます!

イノシシ肉を食べるときの注意点

イノシシ肉に限らずジビエを食べる際、生のまま食べるのは絶対にNGです。
家畜の牛や豚、鶏などのように寄生虫やウイルスの管理が行われていないので、食中毒やE型肝炎にかかるリスクがあります。必ずしっかり火を通してから食べるようにしてください。

こんなにある!イノシシ肉を食べるメリット

イノシシ肉には豚の3~4倍のビタミンB郡と鉄分が含まれており、栄養価の高いお肉です。
また豚肉より低カロリーなため、健康のために食べるのにもうってつけのお肉です。

イノシシ肉の臭みが気になる時の処理方法

イノシシ肉の臭みの原因は「血」にあります。基本的に販売されているイノシシ肉はきちんと血抜き処理がされていますが、それでも臭みが気になる場合には

  1. 解凍したイノシシ肉を5~15%の塩水入れて1~2時間つける
  2. 赤くなった水を取り替える
  3. ①~②をお肉が白っぽくなるまで繰り返す

これにより、イノシシ肉の臭みを取り除くことができます。

イノシシ肉のおいしい季節

一般的にイノシシ肉は脂がのっているほど上質とされており、その旬は脂ののりがピークを迎える秋冬と言われています。
イノシシ達は、越冬や繁殖期に向けてエネルギーを蓄え体を大きくしていき、雄は繁殖活動が本格化する冬の初め頃まで、雌は出産時期の4月~5月位まで、体に脂を蓄えています。

購入に
進む
カート
0