【肉道大百科】北海道・田中牧場の
グラスフェッド「田中ビーフ」特集

土づくりから始めた国産国消にこだわったグラスフェッド牛

圧倒的な満足感!「ステーキ」で史上最高の体験を。
赤身がしっかり、ジューシーで素朴な自然のうま味が強い北海道産グラスフェッド牛をお届けします。

田中牧場の「田中ビーフ」は普通の牛とここが違う!

田中牧場の「田中ビーフ」と、普通の牛の違いは以下の通りです。

普通の牛

  • 脂(サシ)が多いほど高級とされもてはやされる
  • 赤身部分がパサついて硬い
  • 主に穀物ベースの人工飼料を使用。遺伝子組み換え作物が含まれていることもある。輸入飼料も多い

田中牧場の「田中ビーフ」

  • 脂身は最小限。栄養価豊富な草を食べて育つため味がよいだけでなく健康にもよい
  • しっかりした赤身がしっとり、瑞々しい肉質
  • 遺伝子組み換え作物は使わず、国産の乾草が主な餌となる
赤身がしっとりジューシーで、
健康的なお肉

田中牧場の「田中ビーフ」のおいしさの特徴

ステーキに抜群。風味豊かで澄んだ味わい

1.ステーキに抜群。風味豊かで澄んだ味わいのイメージ画像

風味が豊かでクリアな澄んだ後味を感じられるのが田中ビーフ。
一番おすすめの食べ方としては、火を通しすぎない程度に焼いた、ステーキです。
ちろん他の料理にしてもおいしく、煮込み料理にすれば肉の旨みがじっくりと溶け出し、他の素材の風味までより豊かにします。

理想の「ちょうどよい」柔らかさ

2.理想の「ちょうどよい」柔らかさのイメージ画像

柔らかすぎず、硬すぎず。ちょうどよい柔らかさが特徴です。
グラスフェッド飼育で余計な脂肪がない分、脂の多いお肉に特有の噛む必要もないくらいの「とろけるような」柔らかさはありません。
その代わりちゃんと「お肉を食べている」感覚を味わうことができる程よい噛み応え、けれど決して硬くない、そんな理想のお肉の柔らかさを持っています。

グラスフェッドの常識を打ち破る。赤身がしっとりジューシー

3.グラスフェッドの常識を打ち破る。赤身がしっとりジューシーのイメージ画像

田中ビーフのお肉はしっとりと瑞々しいことが特徴です。
グラスフェッド牛というと赤身のパサつく食感が気になる方もいますが、このお肉は全くそんなことありません。
肉汁たっぷりなので口に入れた瞬間から驚くほどのジューシーさを感じることができます。

田中牧場の「田中ビーフ」のおいしさの理由・こだわり

牛本来が持つ味わいを損ねることがないように育てる

1.牛本来が持つ味わいを損ねることがないように育てるのイメージ画像

一般的に流通しているお肉は、配合飼料である穀物を与えることで生産効率をあげていますが、牛は本来草食動物であるため、草や植物性の餌を主とすることが自然です。
田中牧場では自然に在る形を重視し、牛をグラスフェッドで育てるため、牛本来が持つ味わいを損ねることなく、自然や健康に優しいお肉ができあがります。

良い飼料を作るために「土づくり」にこだわる

2.良い飼料を作るために「土づくり」にこだわるのイメージ画像

田中さんは酪農を50年以上行ってきたため、「土づくり」のプロでもあります。
田中牧場の田中ビーフは、発酵させた有機肥料を使って耕した30ヘクタール(東京ドームの6倍以上)の広大な土地でできる草を餌にしているため、栄養価も豊富でしっかりした肉を付けた牛が育ちます。

グラスフェッド飼育ですが生草ではなく乾草を与えているため、お肉の味がしっかりし、なおかつ軽やかで食べやすい味わいになっています。

「サステナブル」「国産国消」の畜産にこだわる

3.「サステナブル」「国産国消」の畜産にこだわるのイメージ画像

田中牧場では牛に与える餌のほとんどは草ですが、3%はしょうゆの搾りかす(ミネラル・塩分が含まれている)、ビートの搾りかすを使用しています。
これはあえて破棄するものを餌として使うことで環境へ配慮し、人と動物が共存できるような環境づくりを目指すための取り組みとして行われています。

生産者に一問一答!こだわりを聞いてみた

田中さんに聞きました!

北海道・田中牧場 田中さんの画像

田中眞さんは先代から酪農を引き継ぎ、その後グラスフェッドでの畜産に挑戦されました。娘の瑞穂さんが3代目として本格的に田中牧場のブランド・製品化を2023年から開始しています。

牛の飼育を始めたきっかけは?

最初は羊の飼育を趣味で始めました。その後羊肉を本格的に生産するようになりましたが、どうしても羊はサイズが小さく、提供できる量に限りが出てきてしまいます。
もっとたくさんの人に田中牧場のお肉を届けたいと思い、2021年に牛の飼育も開始しました。育て方は羊と同じ、グラスフェッドにこだわっています。

なぜグラスフェッド飼育を始めたのですか?

質の高い安全なお肉を消費者の方に届けていく為に、輸入飼料に依存しないような取り組みがしたかったのが始まりです。

「人が食べることができる穀物を家畜の餌にするべきではない。家畜(動物)が自然界で食べているはずの『草』を餌としてあげることが、本来あるべき自然な形ではないか」と思いグラスフェッド飼育を始めました。
元々酪農でスタートした為、草を作る環境が整っていたこともグラスフェッド飼育を始めた大きな要因です。
そうでなければこれだけ良い草を育てることは難しかったと考えています。

目標はありますか?

人と動物と自然が共存できる環境を作っていきたいです。

SDGsにも貢献がしたく、将来的には田中牧場で体験型ツアーをやりたいと準備しています。
牧場体験を通して、自分たちが食べるお肉がどういう過程を経て食卓まで届くのかを知っていただくきっかけになれたら嬉しいです。
そのためにも、田中牧場をもっと多くの人に知ってもらえるようになりたいと思っています。

田中牧場の「田中ビーフ」をおいしく食べる方法をご紹介

田中ビーフのステーキは、程よい柔らかさで香り高いため、火を入れすぎないことで一番おいしい食感でより深い味わいを感じることができます。

田中牧場の「田中ビーフ」を運営スタッフの声

最高峰のステーキ!
部位シャトーブリアン
食べ方ステーキ

最高峰とも言える部位、シャトーブリアンをステーキでいただきました。分厚いのでお肉を食べている実感がすごかった。味も肉がしっかりしてとても美味しかった。

迫力満点のタン
部位タン
食べ方焼肉、シチュー

1本は迫力がありました!2/3は焼肉で食べました。柔らかく、さっぱり食べられるレモンが合いました。残りは贅沢に牛タンシチューに。これも味が染みて絶品でした。

懐かしい味がする
部位もも
食べ方ローストビーフ

下味をつけて焼いて、寝かせてローストビーフとして食べてみました。柔らかかったけど筋部分は取ったほうがいいかもしれないです。

最高峰のステーキ!
部位シャトーブリアン
食べ方ステーキ

最高峰とも言える部位、シャトーブリアンをステーキでいただきました。分厚いのでお肉を食べている実感がすごかった。味も肉がしっかりしてとても美味しかった。

迫力満点のタン
部位タン
食べ方焼肉、シチュー

1本は迫力がありました!2/3は焼肉で食べました。柔らかく、さっぱり食べられるレモンが合いました。残りは贅沢に牛タンシチューに。これも味が染みて絶品でした。

懐かしい味がする
部位もも
食べ方ローストビーフ

下味をつけて焼いて、寝かせてローストビーフとして食べてみました。柔らかかったけど筋部分は取ったほうがいいかもしれないです。

田中ビーフを購入いただいたお客様の声

田中牧場のグラスフェッド「田中ビーフ」の
おすすめ商品

  • 通常価格
    4,500円(税込・送料別)
    販売価格
    4,500円(税込・送料別)
    通常価格
    単価
    あたり 

  • 通常価格
    5,000円(税込・送料別)
    販売価格
    5,000円(税込・送料別)
    通常価格
    単価
    あたり 

  • 通常価格
    2,000円(税込・送料別)
    販売価格
    2,000円(税込・送料別)
    通常価格
    単価
    あたり 

  • 通常価格
    4,400円(税込・送料別)
    販売価格
    4,400円(税込・送料別)
    通常価格
    単価
    あたり 

購入に
進む
カート
0