【年末年始営業のお知らせ】

2021年12月29日(土)~2022年1月3日(木)のお問い合わせは、2022年1月4日より順次ご返答させていただきます。

【ステーキ用】高知県の「土佐あかうし もも肉」ブロック(300g)

【ステーキ用】高知県の「土佐あかうし もも肉」ブロック(300g)の商品画像1
【ステーキ用】高知県の「土佐あかうし もも肉」ブロック(300g)の商品画像2
【ステーキ用】高知県の「土佐あかうし もも肉」ブロック(300g)の商品画像3
【ステーキ用】高知県の「土佐あかうし もも肉」ブロック(300g)の商品画像4
【ステーキ用】高知県の「土佐あかうし もも肉」ブロック(300g)の商品画像1
【ステーキ用】高知県の「土佐あかうし もも肉」ブロック(300g)の商品画像2
【ステーキ用】高知県の「土佐あかうし もも肉」ブロック(300g)の商品画像3
【ステーキ用】高知県の「土佐あかうし もも肉」ブロック(300g)の商品画像4

【肉道指定牧場産】肉から感じる上品なコクは赤身の概念を覆す

通常価格
価格4,200円(税込・送料別)
販売価格
価格4,200円(税込・送料別)
通常価格
【完売御礼】売り切れました
単価
あたり 
【ステーキ用】「土佐あかうし もも肉」ブロック(300g)

※年末年始は通常の発送スケジュールと異なります。
ご確認ください。
ギフトを含むほぼ全商品対象 8,000円以上の購入で1,500円OFFギフトを含むほぼ全商品対象 8,000円以上の購入で1,500円OFF

商品説明・詳細

年間生産数:約25頭

土佐あかうしの牛もも肉は、見た目も真っ赤で脂身が少ない王道の赤身肉です。歯切れも良く一口で濃厚な「牛」の香りと味が強く舌に伝わってきます。
赤身肉はかたくて他の部位よりもうま味がないと感じていた人ほど、赤身の印象が覆る上質な牛肉です。

牛肉(土佐あかうし) 公文さん
賞味期限
発送日から30日
発送
通常、決済完了翌日から3~5営業日以内(日は休み)で発送
配送業者:ヤマト運輸

年末年始の発送・12/20(月)18時以降、年内の到着日を指定した配送の受付はできません。(12/28 .29. 30. 31はお届け不可 )
・12/20(月)18時の決済完了分まで年内発送いたします。それ以降のご注文は、1/11(火)以降の発送になります。

送料
1,400~1,900円
生産者直送のため、同じ生産者の商品をまとめて購入すると、送料がお得!

送料はお届け先によって異なるため、
購入手続き時に計算されます。

北海道 1,900円
本州・四国・九州 1,400円
沖縄 1,900円
離島 所属する都道府県の料金と同様
(※別途送料が必要となる場合がございます)

※アイスランドラム肉、山梨県・向山さんの鶏、宮崎県・黒岩さんの地どり、東京都・東京しゃもは同じ配送元のため送料がまとまりお得です。

コンビニ決済は手数料一律190円 代引き手数料は無料(弊社負担)になります。
詳しくはこちら

発送元
[高知県]株式会社三谷ミート
支払方法
クレジットカード、Amazon Pay、コンビニ払い、銀行振込、代金引換

クレジットカードは、VISA・Master Card・American Express・JCBの4種類に対応しています。

コンビニ払い、銀行振込は前払いのみの対応となっております。

※コンビニ決済は手数料一律190円となります。

代引きの取り扱いは現金のみ、代引き手数料は無料(弊社負担)になります。

お届け方法
冷凍(緩慢冷凍)
この商品について問い合わせる

担当バイヤーがこの「牛肉(土佐あかうし)」を解説

1こだわり、味を店員が解説

こだわり、味を店員が解説のイメージ画像

高知県の「土佐あかうし」は、高知県内のみで生産される非常に出荷数の少ない希少な肉。
赤身の豊かな風味と上品な肉質が感じられ、まさに「高級肉」の名にふさわしい美味しさです。

そのおいしさの秘密は、放牧地や広い牛舎の中で牛がよく運動するので肉の中にうま味・あま味成分がたくさん作られるから。
特にあま味に関連するアミノ酸はなんと黒毛和牛の約3倍も含有しています。

そんな土佐あかうしのモモブロックを焼くと赤身の強い香りが立ち込め、全く嫌味のない「牛肉のうま味の香り」に食欲をそそられます!
ただし、火を通しすぎると硬くなって美味しさが半減してしまうのでご注意ください。

また「肉道」で取り扱う土佐あかうしは、高いレベルでアニマルウェルフェアを実現している生産者を指定した、特に安全性の高いものだけになります。

もっと見る

2安心安全について

こだわり、味を店員が解説のイメージ画像

肉道指定農場の「土佐あかうし」は、抗生剤などの薬は使用していません。
「アニマルウェルフェア」の観点からストレスのない飼育環境を整えているため、抗生剤などを与えなくても牛自体が健康に成長します。

また、一般的な農場では牛に整腸剤を使用することが多いのですが、肉の味に苦みが出てしまって美味しさを損なう可能性があるため、肉道で扱う土佐あかうしには使っていません。

なるべく牛自身の力で健康に育つようにすした結果、お客様にとっても安心安全でおいしいお肉になっています。

もっと見る

3牛肉(土佐あかうし)の豆知識

「幻の和牛」土佐あかうし

「幻の和牛」土佐あかうしのイメージ画像

土佐あかうしは「幻の和牛」などとも言われますが、その理由は厳密な認定基準とそれに伴う出荷量の少なさにあります。

「土佐あかうし」と呼べるものは高知系の褐毛和種であり、高知県内で改良・飼育されたものしか認定されません。
そのため、和牛全体の出荷数のうち土佐あかうしが占める割合はわずか0.1%ほど!いかに土佐あかうしが「希少な品種であるか」がわかります。

もっと見る

黒毛和牛との違い

黒毛和牛との違いのイメージ画像

土佐あかうしのお肉と黒毛和牛のお肉の明確な差異は、脂身(サシ)の量になります。

有名な黒毛和牛は「霜降り」と呼ばれるサシが多く、この脂のうまみを楽しみ、脂の柔らかさを肉の柔らかさとして楽しみます。
一方土佐赤牛は、脂身が適度で赤身部分のうまみが強いの売りです。うまみ成分が黒毛和牛の2~3倍で、筋肉(赤身)そのものの柔らかさを楽しめます。

同じ和牛でも全く異なる肉体験を楽しめるこの土佐あかうし、赤身好きな人や健康志向な人にはぜひおすすめしたい和牛です。

もっと見る

土佐あかうしの特性

土佐あかうしの特性のイメージ画像

土佐あかうしは、日本にある4つの和牛品種のうち「褐毛和種」に当てはまり、その中で高知県内で改良された和牛のことを「土佐あかうし」と呼びます。

もともと明治時代中頃九州地方から伝わってきた田畑耕作用の使役牛で、温厚な性格と、山の斜面にも適応できる運動能力の高さなどを持ち合わせた性質が特徴です。
これらの性質は放牧にとても向いており、現在の「アニマルウェルフェア」の考え方や、牛の健康面を考えた飼育方法との相性も良い品種で、肉道ではこの特性を活かした飼育をしている個体を特に選んでご提供しています。

もっと見る

4おすすめの解凍方法

いちばんおいしくお召し上がりいただける解凍方法は、冷蔵庫解凍です。

凍っているお肉を冷蔵庫に入れ、12時間~24時間程度放置しておくだけなので簡単!

当サービス・肉道からの回答は、土日祝日を除く営業日2~5日以内に回答させていただきます。
商品に関するお問い合わせや発送に関するお問い合わせ等は、通常よりお時間をいただく場合がございます。

【ステーキ用】高知県の「土佐あかうし もも肉」ブロック(300g) について問い合わせる

購入
手続き
カート
0