【ステーキ用】北海道・高橋さんの「放牧短角牛 リブロース」スライス(380g)

【ステーキ用】北海道・高橋さんの「放牧短角牛 リブロース」スライス(380g)の商品画像1
【ステーキ用】北海道・高橋さんの「放牧短角牛 リブロース」スライス(380g)の商品画像2
【ステーキ用】北海道・高橋さんの「放牧短角牛 リブロース」スライス(380g)の商品画像3
【ステーキ用】北海道・高橋さんの「放牧短角牛 リブロース」スライス(380g)の商品画像4
【ステーキ用】北海道・高橋さんの「放牧短角牛 リブロース」スライス(380g)の商品画像1
【ステーキ用】北海道・高橋さんの「放牧短角牛 リブロース」スライス(380g)の商品画像2
【ステーキ用】北海道・高橋さんの「放牧短角牛 リブロース」スライス(380g)の商品画像3
【ステーキ用】北海道・高橋さんの「放牧短角牛 リブロース」スライス(380g)の商品画像4

「黒毛和牛」とは異なる、赤身の噛みごたえと力強いうま味たっぷり!

通常価格
価格5,980円(税込・送料別)
販売価格
価格5,980円(税込・送料別)
通常価格
【完売御礼】売り切れました
単価
あたり 
【ステーキ用】北海道・高橋さんの「放牧短角牛 リブロース」スライス(380g)

牛肉(放牧短角牛) 高橋さん

商品説明

高橋さんの「放牧短角牛」は和牛の中でも「日本短角種」に属しており、一般的な「黒毛和種」と比べて赤身中心でうま味成分が多く含まれるため、噛みしめながら濃厚なうま味を楽しめるのが特徴です。

このリブロースは、赤身中心の放牧短角牛特有の濃く力強いうま味に加え肉を食べたときの満足感を与えてくれるがっつりとした歯ごたえをもっています。脂身は全くくどくなく、脂身だけで食べても味わい深いほどです。

更に「放牧短角牛」は岬にある広い牧場で放牧飼育されているので、海風が運んでくれるミネラルを蓄えた牧草を食べ、運動を沢山しているので、栄養が豊富で健康的な牛です。

発送について
営業日(土日祝はお休み)7日以内に発送予定。詳細はこちら
送料について
1,000~2,000円
詳細はこちら
発送元
高橋牧場
年間生産数
約70~80頭

発送・送料について

商品について

  • 販売期間:通年販売
  • 冷凍方法:緩慢冷凍
  • 賞味期限:発送日から60日

発送について

ご注文、若しくは入金確認後から、営業日(土日祝はお休み)7日以内に発送予定

配送業者:ヤマト運輸

送料について

送料はお届け先によって異なるため、
購入手続き時に計算されます。

送料 北海道1,000円 本州・四国・九州1,500円
沖縄2,000円 離島所属する都道府県の料金と同様
(※別途送料が必要となる場合がございます)
送料
北海道 1,000円
本州・四国
・九州
1,500円
沖縄 2,000円
離島 所属する都道府県の料金と同様
(※別途送料が必要となる場合がございます)

生産者直送のため、同じ生産者の商品をまとめて購入すると、送料がお得!

※アイスランドラム肉、山梨県・向山さんの鶏、宮崎県・黒岩さんの地どり、東京都・東京しゃもは同じ配送元のため送料がまとまりお得です。

コンビニ決済は手数料一律190円 代引き手数料は無料(弊社負担)になります。
詳しくはこちら

この商品について問い合わせる

担当バイヤーが
この「牛肉(放牧短角牛)」を解説

こだわり、味を店員が解説

こだわり、味を店員が解説のイメージ画像

高橋さんの『放牧短角牛』は、国内でも希少な「日本短角種」の一種。「日本短角種」は、一般的な「黒毛和種」と比べてあまりサシの入らない赤身中心の肉質で、うま味成分のグルタミン酸・イノシン酸が豊富なので、噛みごたえがあってうま味が濃厚という特徴があります。

また、放牧地のある岬は強風の多い土地であり、海から毎日のように吹く潮風は牧草の栄養となるミネラルをたっぷりと運んでくるため、その牧草を食べた『放牧短角牛』も栄養価が高く滋味深いあじわいになります。
加えて、自由に運動できる放牧環境でストレスフリーに育っている事が肉質にも好影響を与えるので、『放牧短角牛』は他の「日本短角種」と比べても、噛み心地の良い食感や滋味深く濃厚なうま味といった長所を持つのです。

詳しく見る

安心安全について

こだわり、味を店員が解説のイメージ画像

放牧短角牛は、広い牧草地で自由気ままに運動し、栄養価の高い牧草を食べてストレスフリーに育ちます。
出荷前にも、太らせるための配合飼料ではなく自家製のサイレージ(発酵させた牧草)や無農薬・non-GMOにこだわった飼料を食べさせているため健康的で安心安全。アニマルウェルフェアの観点にもかなっています。

詳しく見る

牛肉(放牧短角牛)の豆知識

短角牛と黒毛和牛の違いについて

短角牛と黒毛和牛の違いについてのイメージ画像

和牛は大きく「黒毛和種」「褐毛和種」「無角種」「日本短角種」の4つに分けられます。流通量は「黒毛和牛」として有名な黒毛和種が90%以上と最も多く、高橋さんの『えりも短角牛』が属する日本短角牛は和牛全体の1%もなく希少です。

黒毛和種のほとんどはせまい牛舎で肥育され、やわらかさがウリの霜降り肉として出荷されますが、日本短角種は牧草でもよく育つことから放牧が多く、肉質は赤身中心でうま味が濃いため「噛みしめるほどにうまい肉」として赤身肉好きに人気です。

詳しく見る

放牧環境について

放牧環境についてのイメージ画像

「放牧短角牛」の放牧場がある岬は、風速10m以上の風が吹く日が年間290日以上もあるほど強風の多い土地です。海からの潮風にはミネラルが豊富に含まれており、牧草は栄養たっぷりに育ちます。「短角牛」は、この栄養豊富な牧草をお腹いっぱいに食べることでたくさんの栄養を取り込み、栄養価が高く滋味深いあじわいを持つ上質なお肉になります。

また、高橋牧場では通常の牛のようにせまい牛舎で運動不足にすることなく、牛が運動したいときにできる健康的な放牧環境で育てているため、肉質に悪影響なストレスなく引き締まったお肉になっています。
恵まれた餌と環境の揃ったの地だからこそ、上質な『短角牛』が育つのです。

詳しく見る

『えりも短角牛』のうま味成分について

『えりも短角牛』のうま味成分についてのイメージ画像

『えりも短角牛』はうま味が濃いという特徴がありますが、これはデータからも明らかになっており、昆布などにも多く含まれるグルタミン酸や肉や魚のうま味のもととなるイノシン酸、うま味のもととなるアミノ酸の総量、どれをとっても黒毛和牛以上という研究があります。
加えて、コレステロールの吸収を抑えてくれるタウリンや抗酸化作用をもつカルノシンなど体にいいとされる成分も『えりも短角牛』のほうが多く含まれているため、健康を気にする方でも安心してお召し上がりいただけるのです。

詳しく見る

おすすめの解凍方法

いちばんおいしくお召し上がりいただける解凍方法は、冷蔵庫解凍です。

凍っているお肉を冷蔵庫に入れ、12時間~24時間程度放置しておくだけなので簡単!

当サービス・肉道からの回答は、土日祝日を除く営業日2~5日以内に回答させていただきます。
商品に関するお問い合わせや発送に関するお問い合わせ等は、通常よりお時間をいただく場合がございます。

【ステーキ用】北海道・高橋さんの「放牧短角牛 リブロース」スライス(380g) について問い合わせる

購入
手続き
カート
0