【煮物におすすめ】東京都・浅野さんの「東京しゃも ⼿⽻先」(2個 合計300g程度)

【煮物におすすめ】東京都・浅野さんの「東京しゃも ⼿⽻先」(2個 合計300g程度)の商品画像1
【煮物におすすめ】東京都・浅野さんの「東京しゃも ⼿⽻先」(2個 合計300g程度)の商品画像2
【煮物におすすめ】東京都・浅野さんの「東京しゃも ⼿⽻先」(2個 合計300g程度)の商品画像3
【煮物におすすめ】東京都・浅野さんの「東京しゃも ⼿⽻先」(2個 合計300g程度)の商品画像4
【煮物におすすめ】東京都・浅野さんの「東京しゃも ⼿⽻先」(2個 合計300g程度)の商品画像1
【煮物におすすめ】東京都・浅野さんの「東京しゃも ⼿⽻先」(2個 合計300g程度)の商品画像2
【煮物におすすめ】東京都・浅野さんの「東京しゃも ⼿⽻先」(2個 合計300g程度)の商品画像3
【煮物におすすめ】東京都・浅野さんの「東京しゃも ⼿⽻先」(2個 合計300g程度)の商品画像4

圧倒的な存在感!このサイズ感も強いうま味も普通の鶏と段違い!

通常価格
価格1,980円(税込・送料別)
販売価格
価格1,980円(税込・送料別)
通常価格
【完売御礼】売り切れました
単価
あたり 
【煮物におすすめ】東京都・浅野さんの「東京しゃも ⼿⽻先」(2個 合計300g程度)

商品説明

※グラム数は個体差で変わります。

浅野さんの東京しゃもは、一時期途絶えていた江戸時代から続く軍鶏を研究の末復活させた品種になります。飼料も昔の伝統的なままにこだわり、まさに江戸時代のおいしさを再現しています。
食のプロフェッショナル達が愛用し個人では手に入りにくい事で有名で、特にこの手羽先は、まずその大きさに驚愕!一般的な鶏肉の倍以上はあるかと思う大きさです。
豪快にかぶりついて、噛むほどに溢れてくるコクのある味わいを感じてください。お肉が冷めると硬くなってしまうので、調理後はあつあつのうちに召し上がってください。<.p>

発送について
営業日(土日祝はお休み)6日以内に発送予定。詳細はこちら
送料について
1,200~1,400円
詳細はこちら
発送元
株式会社 L&L(1)
年間生産数
約13,000羽
こだわり
ポイント
無農薬トウモロコシを中心にした東京しゃも専用の餌を使用

発送・送料について

商品について

  • 販売期間:通年販売
  • 冷凍方法:冷凍(緩慢冷凍)
  • 賞味期限:発送日から45日

発送について

ご注文、若しくは入金確認後から、営業日(土日祝はお休み)6日以内に発送予定

配送業者:ヤマト運輸

送料について

送料はお届け先によって異なるため、
購入手続き時に計算されます。

送料 北海道1,400円 本州・四国・九州1,200円
沖縄1,400円 離島所属する都道府県の料金と同様
(※別途送料が必要となる場合がございます)
送料
北海道 1,400円
本州・四国
・九州
1,200円
沖縄 1,400円
離島 所属する都道府県の料金と同様
(※別途送料が必要となる場合がございます)

生産者直送のため、同じ生産者の商品をまとめて購入すると、送料がお得!

※アイスランドラム肉、山梨県・向山さんの地鶏、宮崎県・黒岩さんの地鶏、東京都・浅野さんの地鶏は同じ配送元のため送料がまとまりお得です。

コンビニ決済は手数料一律190円 代引き手数料は無料(弊社負担)になります。
詳しくはこちら

この商品について問い合わせる

担当バイヤーが
この「東京しゃも」を解説

こだわり、味を店員が解説

浅野さんの東京しゃもは、衰退してしまった江戸時代から続く軍鶏を研究の末復活させた品種になります。飼料も昔の伝統的なままにこだわり、まさに江戸時代のおいしさを再現しています。
適度な噛み応えとコク、さっぱりとした脂身が特徴で、食のプロフェッショナル達が愛用し個人では手に入りにくい事で有名です。

しっかりした歯ごたえと噛むほどに味が染み出してくるその風味は、「和食」の鶏料理にぴったり。260年続くあの鶏料理の銘店でも使用されています。
一口噛んだ瞬間にはじける出汁のような肉汁の濃厚なうま味を是非お楽しみください!

安心安全について

東京しゃもは衛生面への配慮から平飼いではなくケージを使って飼育しています。
ですが鶏にとってストレスになるような狭いケージではなく、規格によって定められた広々としたケージを使用しています。こうすることで鶏と糞を切り離し、常に清潔な環境を保っているのです。
結果、病気にかかることが殆どなく、生後60日以降抗生物質を与えずに薬剤の使用を極力抑えているので、安心してお召し上がりいただけます。

東京しゃもの豆知識

東京しゃもが生まれた背景

江戸時代、軍鶏は江戸の町を中心に多く飼われ、食べられていましたが、その食文化は昭和に入ってから大量生産向けのブロイラーの波におされ徐々に衰退していきます。
そんな中、昭和40年頃に「日本伝統の味を再現するため」「軍鶏のようなコクのある鶏肉を再び味わうため」軍鶏復興の動きが起こり、東京都内の養鶏場などが手を組みました。そこから十数年の研究を重ね、ついに昭和59年に「東京しゃも」が誕生したのです!

軍鶏という鶏について

軍鶏は江戸時代にタイから伝わってきたとされています。
もともと鶏の雄同士を戦わせる「闘鶏」専用の鶏だったため、気性が荒く闘争心が強い特性を持っていました。この「闘鶏」が江戸の町で流行っており、食用としても非常に美味だったことから軍鶏鍋などで楽しまれていたのです。
1941年には天然記念物に指定されています。

東京しゃもと一般的な鶏との違い

一般的な鶏であるブロイラーは、飼育日数が40~50日という非常に短いうちに出荷されています。体も大きくなりすぎず丸焼きしやすい位の大きさです。
一方東京しゃもは飼育日数がブロイラーの約3倍!120日以上飼育しているので、肉のうま味成分が濃くなります。また東京しゃもは体が大きく、各部位をブロイラーと比べた場合東京しゃもの方が2まわりほど大きいのです!

東京しゃもを購入された際は、その大きさにもぜひ注目してください!

おすすめの解凍方法

いちばんおいしくお召し上がりいただける解凍方法は、冷蔵庫解凍です。

凍っているお肉を冷蔵庫に入れ、12時間~24時間程度放置しておくだけなので簡単!

当サービス・肉道からの回答は、土日祝日を除く営業日2~5日以内に回答させていただきます。
商品に関するお問い合わせや発送に関するお問い合わせ等は、通常よりお時間をいただく場合がございます。

【煮物におすすめ】東京都・浅野さんの「東京しゃも ⼿⽻先」(2個 合計300g程度) について問い合わせる

浅野さんの東京しゃもを
もっと見る
地鶏・しゃもをもっと見る
購入
手続き
カート
0